新着情報

◆2015/12/04
便利なネット販売の情報を更新しました。
◆2015/12/04
検査と診療費用の情報を更新しました。
◆2014/05/13
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/09/26
ワクチンに関してを新規投稿しました。
◆2013/09/26
インターフェロン申請を新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

便利なネット販売

インターネットが当たり前になり、自宅に居ながら商品を注文し買える時代です。

便利になった事とニーズがある事から、取り扱いされる商品も豊富です。

極端な話をすれば、家から出ないでも通販だけで何日も過ごすことも不可能ではないでしょう。

今回は、医薬品に関して、ネット通販で買えるメリットを確認しておきましょう。

まず、薬局に行かなくても買える医薬品は、処方箋が不要な医薬品が基準です。

よって、原則的に病院で処方される、処方薬は販売していません。

しかし、実際に販売しているサイトがあるのはなぜでしょうか?

ネット販売されている、それらの殆どは海外医薬品メーカー製造の薬です。

個人輸入の代行サイトとして、一般の方が自分で使用する1か月分内であれば、購入する事が可能となっています。

しかも、購入の際に医師からの処方箋も必要ありません。

特に売れ筋なのが、男性が精力剤や育毛剤関連で、女性は避妊やダイエット関連の商品と言われています。

自宅に居ながら、購入できるため、薬局に行くわずらわしさや、異性を意識しなくてよいというメリットが高い様です。

送料も無料で、ポイントを使用できる薬 ネット販売サイトも多い様ですので検索してみましょう。

ネット販売で医薬品を購入する5つの方法

一般医療用品は、平成26年6月12日からインターネットで簡単に手に入れることができるようになりました。ドラッグストアに行くことなく自宅で購入できますが、いくつかの点を守る必要があります。

情報の送信

購入者は注文時にサイト上で性別や年齢、症状などの必要な情報を送ります。また、副作用の有無や内容、持病についてなど記入しましょう。自身に薬が適合するかどうかの判断になるため、慎重にしなくてはいけません。

相談フォーム

特に疑問や質問などがなければ、メールで相談がない旨を連絡します。ここでわからないこと、気になることがあれば相談してください。薬剤師の方と対面販売と同じようにコミュニケーションができるでしょう。

商品の発送

薬剤師などの専門家が、商品の内容をしっかりと購入者が理解しているかどうか確認した上で、発送をおこないます。未成年が商品を購入しようとする場合は年齢や、適正な使用を目的とするものかどうかチェックを行います。

便利なネット販売ですが、一般医薬品の販売許可を得ずに運営をしているところもあるため、被害やトラブルに注意しなくてはいけません。価格の安さや、薬の効果を誇張する広告などに惑わされることなく、慎重に商品を購入してくだい。

▲PAGE TOP